レタッチでインスタ画像をレベルアップさせるオススメ本!

レタッチでインスタ画像をレベルアップさせるオススメ本!

こんな悩みはないですか?

昔に比べて今は、スマートフォンやタブレットのカメラ機能により撮影がより身近になりました。また、一眼レフのカメラも安価なものが増えて、インスタ映えを目指す女性や運動会の撮影をするお父さんやお母さん等々に幅広く普及しています。

 

そこで、撮った画像をもっと出来栄えよくレベルアップしたいと思っていませんか?

 

今までの画像にちょっとだけレタッチ(画像の編集、修正、加工)をしてあげるだけで、レタッチしていない他の人の画像と差をつけることは間違いありません。

 

こんな悩みをもった人にオススメの本を紹介します。

①インスタグラム(Instagram)に画像を一杯アップしているのになかなかフォロワーが増えない。「いいね」を増やしたい。他のインスタグラマーのようなきれいな画像をアップさせたい。

②一眼レフのカメラで撮っているけどレタッチをしたことがない。これからレタッチをして写真をきれいに仕上げたいけどやり方がわからない。現像ソフトは使っているけど最低限の機能しか使っていないのでレベルアップしたい。

③ストックフォトのような販売サイトで売れるようなレタッチをしたい。

④とにかく画像や写真の仕上がりを1ランクアップさせたい人。

そんな気持ちを持った人にオオススメの本を紹介します。

レタッチの本はたくさんあってどれがいいのかわからない。最近は本屋さんも減ってきていてインターネットで買うなら中身も確認できない。私もそうでした。だから、私が実際に買ってよかった本を1冊に絞って内容や特徴を紹介しますので購入の参考にしてください。

このレタッチ本を紹介

この本をオススメします!

shopとLightroomによるRAW現像&レタッチ術 デジタル写真の基本から極みまで デジタル写真の基本から極みまで [ 神崎洋治 ]

価格:3,024円
(2018/8/2 18:05時点)
感想(2件)

この本の内容

①こんな人向けの本です。

・初級者向けの構成になっています。パソコン機器に弱い私でも十分に理解できる説明です。パソコンの画面の画像を多く掲載してありクリックする位置も明確です。画像編集の前後もカラーの画像で比較してありレタッチの効果がわかりやすいです。但し、紙の性質のためかカラーの画像がややくすんでいるのが残念ですが、内容の理解には問題ありません。

・初級者向けの構成ですがPhotoshopとLightroomの最低限の操作方法は説明していません。基本的な操作は理解している前提でレタッチの技術の説明と、RAWデータ等の説明になります。しかし、私もPhotoshopとLightroomの説明本なしで基本操作くらいは使えているので問題はないかと思います。

・PhotoshopとLightroomによるレタッチの説明になるので、どちらかの現像ソフトまたは両方の現像ソフトの購入が必要になります。私も今までLightroomのみでしたが今回Photoshopを追加購入しました。

『Adobe Photoshop』

【送料無料】 ADOBE 〔Win・Mac版〕Photoshop Elements 2018 日本語版[PHOTOSHOP ELEMENTS 2]

価格:15,100円
(2018/8/2 18:01時点)
感想(2件)

 

『Adobe Photoshop Lightroom』

 

・空の色を綺麗な青空にしたり、さえない写真をダイナミックな仕上がりにしたい人。

・InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSで綺麗な写真を投稿したい人。

 

②本の内容

第1章 レタッチ補正の実践例

第2章 色と明るさを究める補正テクニック

第3章 画像データとRAW現像

第4章 写真補正に役立つレタッチテクニック

で構成されています。

第1章で、簡単にレタッチの使用前、使用後の画像例が紹介されています。

第2章では、色と明るさを自分の思う通りに調整できるようなテクニックの説明です。ケーキを鮮やかな色に仕上げたり、暗すぎる人物の顔だけを明るくしたり、夜景のイルミネーションをキラキラにしたりの実践テクニックが身に付きます。難しくて今までさわることのなかったトーンカーブの調整の仕方も丁寧にわかりやすい説明で理解できます。

第3章は、画像データとはどういうものなのかとRAW現像の説明です。画像をどんな拡大縮小をすると劣化してしまうのかや、印刷をする時の色味が変わってしまう注意点などなど。今までわかっているようでわかっていない画像の解像度の説明などもあります。

第4章は、レタッチのテクニックです。レンズによる建物の歪みの直し方や、映り込んだ邪魔な電線の消し方やぶれてボケてしまった写真の補正の仕方などなどです。

画像のレタッチだけにとどまらず、この本のテクニックを活かせば他の人とは一味違った年賀状もオリジナルに作成できるのではないでしょうか。

まとめ

レタッチをして画像編集をレベルアップさせたい人が迷っているならこの1冊と絞って紹介させて頂きました。

自分自身もストックフォトをダラダラとやっていてレベルアップしたいと思って買ってよかった1冊です。

インスタグラムなどのSNSや家族写真、カメラ初心者が今の写真から必ずレベルアップできる本だと思って紹介させて頂きました。

私もまだまだレタッチの未熟者ですが、お互いにレタッチのレベルアップをして素敵な画像をきっかけにインスタグラムなどで繋がれたらいいなと思っています。

 

shopとLightroomによるRAW現像&レタッチ術 デジタル写真の基本から極みまで デジタル写真の基本から極みまで [ 神崎洋治 ]

価格:3,024円
(2018/8/5 17:44時点)
感想(2件)

Adobe(アドビ) 〔Win・Mac版〕Photoshop Elements 2018 日本語版

価格:15,100円
(2018/8/5 17:46時点)
感想(1件)

Follow me!